なぜ、ムシ歯治療の前に歯周病の治療から始めるのか?

[2013年11月22日]

こんにちはMM歯科クリニック院長の山脇です。

当医院では、治療した歯の寿命が永くなる治療の流れをお勧めしています。

将来的に患者様の来院頻度や治療費の軽減につながりますので、ご理解を頂ければ幸いです。

そのため、ムシ歯の治療をご希望の方にも歯周病の治療からご案内していきます。

当然、痛みがある場合は、痛みを止める治療を優先して急性症状をとります。

 

歯周病が治った後にムシ歯治療をするとこんなよい事があります。

①ムシ歯の再発を予防出来る

②ムシ歯をよりきれいに削り取りやすい

③かぶせ物や詰め物の適合がよくなる

④かぶせ物や詰め物が長持ちする

⑤歯周病による滲出液(出血や膿)でムシ歯の治療が阻害されない

⑥歯の根の治療などのなおりがよい

 

ある程度、平行してムシ歯治療をする事が可能な部位もありますが、基本的には、お口の中の衛生度を高めてから治療に入ることをお勧めします。

せっかくムシ歯は治ったのに、歯周病で歯自体を失ってしまうのは、本末転倒以外のなにものでもないと考えています。

木をみて森を見ないでは、いずれその森はどんどんだめになるばかりです。

ご理解の程、宜しくお願い致します。