歯並び

[2014年03月16日]

こんにちはMM歯科クリニック院長の山脇です。

今日は東京駅八重洲口近くの勉強会会場まで矯正治療の勉強会に行っていました。

東京駅は何度行っても迷路ですね!!

当然迷子になること前提で早めに会場に向かったのですが、案の定地下迷路を迷ってしまいました。

でも、迷子になりながら着いた会場で受けた勉強会は、長い行列に並んで食べたラーメンというか、苦労して歩いてたどり着いた温泉というか、そんな感動に溢れる勉強会でした。

私は勉強が足りないので、質問しまくりましたが、頭の中にわだかまっていた疑問の塊がするすると解けていきました。

もっともっと勉強して、それを患者様に提供できたら幸せだとおもいました。

こういった勉強会の良い所は、治療の疑似体験ができるところです。

やはり一人では診られる患者様の数に限りがありますが、他の先生方の治療症例を見させていただく事で、治療の幅も広がりますし、またうまくいかなかった症例を見ることで今後の治療の注意点も明確になります。

特に長期症例になればなるほど、そこには多くの発見があるものです。

私が勉強している床矯正の治療法は、術者(医師)主体ではなく患者様主体なので、患者様の協力なしにはあり得ないものです。

装置は作っても、患者様が使わないと1年で終わるケースが何年たってもいっこうによくなりません・・

特に小児が対象のケースが多いので、保護者の方の理解なしでは治療は進みません。

歯並びが悪くなる原因は生活習慣に起因するものも多く、そこからの見直しも重要です。

 

勉強会でさらにパワーアップしましたので、お子様の歯並びが気になる方はお気兼ねなくご相談下さい。