永久歯の代わりの乳歯

[2013年11月01日]

こんにちはMM歯科クリニック院長の山脇です。

最近の若い患者さまのお口の中を見ると、親知らずがもともと無い患者さまをよく見受けられるようになりました。

必要性の問題なのでしょうが、進化と言うか退化と言うかどちらなのでしょうか?

それとまた、前歯から数えて5番目の永久歯も先天的に無い患者さんもよく見るように感じます。

うちの若手スタッフ二人も2本ずつ永久歯がなく、乳歯が永久歯の代わりをしています。

ただ、乳歯は永久歯ほど強度がなく歯の根も永久歯に比べて短いので、永くはもたない可能性が高いです。

もしムシ歯や何らかの原因で失ってしまったら、手立てを考えなければいけません。

もちろんしっかりとした乳歯であれば、十分とは言えませんが、当分は永久歯の代わりをはたしてくれるので、しっかりと予防して出来るだけ保存しましょう。

うちの長男坊も来年の2月で6歳なので、そろそろ生え変わりを迎え始める年齢です。

幼稚園の周りの友達も早い子は数本永久歯に生え変わっているので、本人も気にし始めてきました。

そんな事もありまして、永久歯がどこまできているかを、レントゲンを撮って確認してみました。

なんと、うちの子も、上の歯の5番目の永久歯が欠如しているようです。

確認してみるもんですね!

ご両親が永久歯の本数が少ない場合はより高い確率で、子供さんの永久歯も少ない可能性がありますので、ご心配な方は確認致しますので、ご相談下さい。