2016年度もくあみ会

[2016年02月29日]

こんにちはMM歯科クリニック院長の山脇です。

先日の27日(土)と28日(日)は2016年度のもくあみ会に参加してきました。

以前に受講しました臨床基本ゼミの卒業生が集まってゼミで勉強した事が元の木阿弥にならないようテーマにそって症例を発表し検討する会です。

今回の全体のテーマは『一次固定か二次固定か』というものでした。

わかりやすく言うと、ブリッジのように完全に固定したほうがいいのか、それとも入れ歯のように取り外しできたほうがいいのかという事です。

もちろんそれぞれのケースによって使い分けが必要ですが、取り外し出来る可撤式の補綴という選択肢を改めて考えるというものでした。

やはり大部分の患者さんは固定性のものを希望される事が多いですが、清掃性の問題や長期の予後を考えると取り外せたほうが歯牙の保存やメンテナンスに優位性があるのではという観点からディスカッションしてきました。

来年も参加できるようしっかり日々勉強していこうと再確認しました。

御茶ノ水の東京医科歯科大学での二日間の勉強会でしたので、泊まり込みで神田にホテルを取ったのですが、日曜日が東京マラソンだった事もありホテルはマラソンに参加すると思われるお客さんで溢れていたのは驚きでした。