4歳と自転車(新編)

[2015年06月09日]

こんにちはMM歯科クリニック院長の山脇です。

我が家には7歳、4歳、もうすぐ1歳の男の子が三人いるのですが、今回は4歳の次男坊のお話です。

先日急に次男坊が自転車の練習をしたいから来てくれと言い出しまして、長男坊の自転車を使って練習を始めました。

今まではこのペダルなし自転車に乗っていたのですが、幼稚園の周りのお友達が自転車に乗り出しているのに感化されたのか急にやる気が出たようです。

練習といっても少しだけ乗り方を教えたらあっという間に乗り出しました。多分ペダルなし自転車でバランス感覚はある程度つかんでいたようです。

でもまだフラフラで20回ぐらいは転んでいましたが、泣きもせず練習していました。

ペダルなし自転車にはブレーキがないので足で自転車を止める癖が付いていたのでブレーキの練習が主でした。

少しすると漕ぎ方も上手になりスピードを出せるようになりました。

そのあとも練習を続けたみたいですが、何かが出来るようになるってことは本人にとってはすごい喜びだと思います。

次の日も幼稚園から帰ってくるやいなや練習し続けてたみたいで、私が家に帰ったときには晩ごはんも食べずに爆睡していました。練習しすぎて疲れ果てたのでしょう。

誰かに言われて練習するのはもしかしたら苦痛かもしれませんが自主的にやる練習はもはや練習ではないのだと思います。

4歳と自転車のお話でした。