41歳と自転車(続編8)

[2016年06月13日]

こんにちはMM歯科クリニック院長の山脇です。

昨日の日曜日は富士山の五合目まで富士スバルラインを自転車で登る富士ヒルクライムに参加してきました。

国内のヒルクライムの大会としては最も規模が大きく参加者も今年は8000人以上だったみたいです。

以前から是非参加してみたいと思っていたので,勉強会の日にちと重なっていましたが、今回はこちらを優先して参加させていただきました。

大会受付が前日の土曜日のみでしたので前日から山梨に向かいました。

ブース

イベント

前日の大会会場では色々なイベントが行われていて、レースというよりもお祭りムードでした。

天気予報は直前まで雨予報でしたが、ありがたいことに二日間とも晴天で何よりでした。

ふじ2

参加者が多いこともあり私のスタートは最初のスタートの方が出てから一時間後でした。なにせ参加者が多くてトイレに行くのも大行列で驚きでした。

スタート

24キロで1250mを登るのでそんなにキツイ勾配のないコースなので参加者の完走率が毎年99%以上みたいですが、私は1時間30分でゴールすることを目標に走ってきました。

途中途中で地元の方の応援を受けながらですので苦しい時もなんとか頑張れましたし、ママちゃりやミニベロで参加している方もいてレース自体もお祭りムードが強くピリピリした感じがないので走りやすかったです。

多少苦しいところもありましたがなんとかゴール

ゴール結果は男子総合4636位(7329人中)

タイム1時間48分 残念ながら目標タイムにおよばずです・・・

年代別40歳〜44歳では908位(1419人中)

 

晴天で素晴らしい空気でしたが、登りきった感動もそこそこに下山用の荷物を受け取り着替えをしてすぐにダウンヒル開始でした。

登ったはいいですが今度は24キロを降らないといけないので夏用のサイクルジャージだと寒いので冬用に着替えて降りました。

下りはほとんどペダルを漕がなくても勝手にスピードが出てしまうので、晴れていてもとても寒いのです。ブレーキしていないと時速50キロ位簡単に出てしまいます。もちろんそんなスピードでこけたら怖いのでずっとブレーキかけながら降りて行きました。

スタート地点では地元の吉田のうどんが無料で振る舞われ疲れた身体を癒してくれました。

帰りの車は当日朝3時起きしたこともあり睡魔との戦いでレースより厳しかったです。

なにはともあれ参加を許してくれた家族と一緒に頑張ってくれた相棒に感謝です。

ぜっけん相棒

来年もしまた参加できたら今度こそ1時間30分で走りきりたいと思っています。