45歳と自転車(赤城山ヒルクライム)

[2019年09月30日]

こんにちはMM歯科クリニック院長の山脇です。

昨日の日曜日は群馬県高崎市で開催された『赤城山ヒルクライム』に参加してきました。

同じ群馬県高崎市で開催される榛名山ヒルクライムにはここ数年参加してきましたが、赤城山は今年初めての参加となりました。

コースレイアウトはこんな感じです。

前橋合同庁舎をスタートして赤城山総合観光案内所にゴールするという全長20、8キロで標高差1313mのコースです。

前半は緩めの坂を登っていき、中盤から後半にかけてきつい勾配になっていくコースでした。

一度も試走したことがなかったので、前日に受付をすませた後、車でコースを走ってみました。

車で走っても前半はかなり緩めだなと感じましたが、中盤以降の後半の山道はかなりクネクネ道が続き勾配もきつく、これはきつそうだなと感じました。

赤城神社も参拝して明日の天候と無事に登れることを祈願しました。

その後は前橋駅前のホテルに戻り、近くのこじんまりとした居酒屋さんで晩酌を少しだけ

モツ煮込みが美味しくてビールが止まらなくて困りました。

でもおかげでよく寝れて朝3時には起きれたので、熱めのお風呂に入って身体を温めました。

ホテルを出て、指定された駐車場に車を止めて、下山用荷物をスタート地点に届けに行って準備完了。

天気予報は微妙でしたが当日は晴天で全く朝から寒さを感じませんでした。

7時から次々とグループごとにスタートしていきます。私のグループのスタート時間は7時40分でしたのでのんびりとスタートしました。

榛名山ヒルクライムもそうなのですが、なんとも地元の方々の歓迎してくれる感じがとても心地よく、沿道の方々の応援がとても力になります。

1時間30分くらいでゴールできるかなと目標を立てて乗りましたが、中盤以降の坂道がきつくてきつくてこれは無理そうだなとか思いながら乗ってました。

でも途中途中での沿道の声援に力をもらいながらなんとかゴールまで頑張りました。

 

ゴールしてから下山用荷物を受け取り、下山はずっとくだり坂なので寒いので防寒着に着替えて下山しました。

スタート地点に戻り、完走証明書を受け取ると

タイムは1時間25分32秒で目標タイムをなんとかクリアしていてホッとしました。

お昼前には車に戻れたので、帰宅準備してすぐに帰りました。群馬開催のありがたいところは、東京まで高速で1時間もかからず帰ってこられるのが本当に助かります。

家に帰ってビール飲んだら美味いこと美味いこと!

さて、来週は東京ヒルクライム檜原ステージに参加しますのでまた報告します。