一般歯科

虫歯治療

一般歯科では主に虫歯治療、歯周病治療を行っております。
虫歯治療では虫歯の進行具合などをチェックして、今歯がどのような状態かを診断し患者さまと相談しながら治療方針を決めます。
虫歯治療には大きく分けると「つめる治療」と「かぶせる治療」の2通りに分けられます。まだ症状が浅い虫歯であれば「つめる治療」を行います。しかし、歯の神経に達する ほど歯が痛み出すと「かぶせる治療」を行います。進行がひどい場合は、神経を除去する場合もございますので、費用も時間もかかってしまいます。

歯周病治療

歯を失う原因の第1位として取り上げられるのが歯周病です。成人のおよそ80%が多かれ少なかれ歯周病です。歯周病は歯そのものが病原菌に犯されるのではなく、歯を支えている歯肉や骨が破壊される病気です。歯は全く虫歯はなくても、歯を支えている周りの組織が破壊され動揺が出たり歯の周りから膿や出血が出ます。歯周病の最も恐いところは異常に気付いたらかなり進行しているケースが多いので、早期発見・早期治療が最も重要となります。歯周病にならないためにも定期的な検診を受けて、早めの対策を心がけてください。

小児歯科

お子さまの嫌いなものの上位に上げられるほど歯医者は嫌われていると思います。だからといって虫歯をそのままにしておくわけにもいきません。特にお子さまは、お菓子、ジュースやブラッシングの未熟さも重なり虫歯になりやすい要素はたくさんあります。
当院では小児歯科に力を入れており、お子さまに対する心配りに気を付けております。当院のスタッフは、全員子ども好きですので時折話しかけながらスタッフに自然と慣れていただき、まずはお子さまと友達になり安心感を与えリラックスしてもらうところから始めます。

▶小児歯科の詳細はこちら

歯科口腔外科

歯科口腔外科とは、虫歯・歯周病などの病気に関わらず、口の中を構成する組織、頬や舌、顎、くちびるや目に見えない口の中の組織部や骨など、口腔全般の治療を行うことを口腔外科といいます。治療は主に外科的な治療が多く、大きな病気になると口の中の腫瘍治療などもあります。軽度な治療の代表としては、親知らずや口内炎の治療、顎関節症などがあります。また、よく別診療のような扱いをされていますがインプラントも口腔外科治療の一つです。

矯正歯科(歯列矯正)

矯正治療は長期間の治療となり、生活していく上での注意点などがあるため、歯科医師だけの力ではなくご本人、保護者の方など周囲の協力も必要となります。当院では、患者さまご本人が十分な自覚を持てるように矯正治療の前に十分なカウンセリング、いくつかの注意事項を丁寧にご説明しスムーズな治療を心がけています。どうか皆さまも一緒に力を合わせて矯正治療を進めていきましょう。
矯正治療を行うことにより、虫歯・歯周病の予防や噛み合わせの改善につながります。また、審美性に大きく影響がありますので、口元の歪みなどが改善され笑顔に自信がつきます。

インプラント

インプラント治療は、歯を失った部分に生体組織に最も近く影響を及ぼさないチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、まわりの骨と結合し自然の歯根のような土台を作ることにより、噛む機能を回復させる治療のことをインプラント治療と言います。
一昔前までは歯を失った場合、入れ歯や差し歯、ブリッジと言った治療を行っておりましたが、自然の歯とはやはりだいぶ扱いが違い、違和感や周りの歯に対する悪影響もありました。しかし、インプラントは表面の歯の代替治療ではなく、土台となる歯根に重点を置いた治療なので自然の歯と変わらないほどの噛み心地を得られます。

審美歯科

歯をより美しくする治療。
審美治療の目的は「歯を美しく」することですが、単純に見た目の美しさだけではなく患者さまのお口の中に調和した色調、形、そして歯本来の機能を取り戻すことも同時に目指しています。金属を使わないオールセラミック、ハイブリッドタイプのかぶせ物、つめ物もございますので金属アレルギーの方も安心してご利用いただけます。