小児歯科

お子さまの歯の治療は、ただ虫歯を治すだけではありません。当院では虫歯にならない為の治療(虫歯予防)に重点をおいています。
低年齢からの継続的な管理の中で必要に応じて治療を行い、健全な成長発育を促す事が大切です。お子さまのお口の中は常に変化しています。お子さまの歯と顎の成長のためにも定期検診で虫歯を早めに見つけて治療し、不正な噛み合わせの原因などを発見し早めに手を打っておく必要があります。なぜなら、小児期に虫歯の少ない小児は、青年期をへて成人になっても虫歯や歯周病で苦労する事が少ない事が統計的にわかっています。
理由の一つとしては、幼児期、小児期に歯科医院での経験によりブラッシングの確立と、もう一方で歯科医院に対する抵抗感がなくなる事によって定期的な予防が可能になることにあります。当然、手先の起用さが安定するまでは保護者の方に協力していただいて適切なブラッシングの指導を行います。

ほとんどのお子さまは「歯医者さんは怖い」「歯医者さんは痛い」というイメージを持っています。当院では治療前にお子様とのコミュニケーションを大切に考えています。
なぜ子供は歯医者が嫌いなのでしょうか?
実はそれは本能的に何も間違っていません。知能がある生物は基本的に経験したことのないものは嫌なものなのです。特に口の中を触られる事を嫌がるのは本能的に正しい事なのです。大人は本能を理性で抑えることが出来ますが、乳児や幼児は経験を持った大人に比べより本能的です。しかし、本能的であるがゆえ甘いものをより好みます。なので、お子さまは、お菓子、ジュースを好み、ブラッシングの未熟さも重な
り虫歯になりやすい要素はたくさんあります。子供が虫歯を多く作る事のリスクは、噛み合わせや歯並びの不正、咀嚼能力の大幅な減少による味覚の未発達や過剰な食事量をとってしまう事、咬合不正により食いしばれない事での運動能力の低下など多岐にわたります。

小児歯科として心がけたいこと

お子さまは心身ともに成長期にあり、むし歯になりやすい要素もたくさんあります。お子さまにとって一番大事な事は、「虫歯を治す事」ではなく、『虫歯を作らない事』です。お父さんやお母さんにも協力して頂き、毎日の適切なブラッシングや虫歯予防をしっかりと行って頂けるようにご説明させていただきます。お子様が安心して通院出来る環境を目指し、保護者の方が納得出来るよう説明いたします。
歯に関するご相談やご質問などございましたら、お気軽にいつでもご相談ください。

虫歯の予防

お子さまにかぎらず歯医者が好きという方は少ないと思います。虫歯・歯周病になってからの治療は少なからず治療を受ける際の痛みや緊張、治療時間をとられてしまいます。そうならない為にも普段から「虫歯にならないための治療」を心がけたいと思います。

予防歯科の役割り

一般的な虫歯予防の一つは歯磨き、適切なブラッシングを毎日欠かさずにやることです。確かに虫歯の基本的な予防方法の一つです。しかし、毎日歯磨きをやっている人でも虫歯になった人は多くいらっしゃるかと思います。それは、歯磨きだけでは、虫歯の原因の細菌を完全に除去することが出来ないためです。歯ブラシが届きにくい奥歯の裏側や歯の間、歯周ポケットには歯垢がありその中には虫歯の原因となる細菌がたくさんいます。虫歯や歯周病の原因となっている歯垢を取り除くには、歯磨きだけでなく、歯科医院で定期的に検診を行い、クリーニングにより歯垢を除去する必要があります。

フッ素塗布

よく耳にするフッ素塗布とは、虫歯予防に非常に効果的で、再石灰化による自然治癒力や虫歯菌のつくる酸に対する抵抗力を高め虫歯になりにくい歯質にしてくれます。また、同時に塗布するキシリトールによりお口の中を改善し、虫歯菌の酸を作る力を弱めてくれます。フッ素は生えて間もないほど効果があると言われています。特に生えかわりの時期は積極的にフッ素を塗布したいものです。

小児矯正

当医院では積極的に小児期からの矯正治療を薦めています。
現代の子供は食べ物の変化に伴い、咀嚼回数が大幅に減少することによって顎の発育が悪く、本来並ぶはずの歯が顎に収まりきれない状況になっています。基本的には咀嚼回数を増やし顎の発育を促しますが、どうしても歯が並ぶスペースが足りない場合に健全な歯を抜歯して、固定性のワイヤー装置をつけて歯を並べますが、私はこのやり方に多いに反対です。
なぜ、虫歯や歯周病でもない健全な歯が抜かれないといけないのでしょうか?
歯が並ぶ顎のスペースをつくるのに第一選択は抜歯でしょうか?
当院ではまず取り外しの出来る装置を使っての治療を勧めています。寝る時間の間だけ入れておく装置ですので、特に見た目を気にされる事なく矯正治療を進められます。
もし他院にて矯正をするのに抜歯を勧められた場合は一度当院に御相談にいらして下さい。