インビザラインGOとは

インビザラインは、数あるマウスピース矯正の治療法の1つです。
インビザラインGOは、奥歯を除いた10本の歯で矯正をおこなう矯正システムです。


インビザラインGOのメリット

①マウスピースで目立たない

装着するマウスピースは透明なため、ワイヤー矯正とは違い、他人にほとんど気づかれずに矯正治療を進めることができます。

②取り外し可能

装着しているマウスピースは、いつでも簡単に取り外すことができます。食事の時も素早く取り外しができるため安心です。

また、歯磨きも普段通り行える為、ワイヤー矯正で気になるプラークやみがき残しによるむし歯のリスクもありません。

③痛み、違和感が少ない

ワイヤー矯正の場合、装着した矯正装置やワイヤーでお口の中が傷つき、それが原因で口内炎になることがあります。マウスピース矯正では、そのような心配がないため、痛みの少ない矯正といえます。

また、インビザラインGoによる矯正治療は、歯の移動距離が短いため、通常のワイヤー矯 正と比べて歯が動く際の痛みが少ないことが多いです。

④治療期間が短い

通常の矯正治療は1年半から2年以上の治療期間がかかることが多くあります。しかしインビザラインGOでは、奥歯を動かさないため約半年〜1年以内に治療を終了することもあります。

⑤治療費用が通常の矯正に比べリーズナブル

通常の矯正治療の場合、約80〜100万ほど治療費がかかります。しかし、インビザラインGOは検査費など含め40〜50万で治療をすることができ、経済的にも優しいため、いままで経済的な理由で矯正治療を断念されてきた方にもおすすめです。

⑥仕上がりを事前に確認できる

インビザラインGoでは、歯型をスキャンしてコンピューターに取り込み、専用のシミュレーションソフトを使うことで、歯の動きや最終的なイメージを事前に確認することができます。

インビザラインGOの注意点
  • 全ての方にインビザラインGoが適応となるわけではありません。

    歯並びによってはインビザラインGoの治療に向かない場合もあります。インビザラインGoでの治療は、前歯の軽度な歯並び の不正が対象となります。そのため、お口全体の噛 み合わせや、歯並びの不正がひどい場合は、適した 治療法ではありません。

  • 決められた装着のルールを守っていただかない と、十分な効果が得られません。

    インビザラインGoは新しい矯正治療システムで、治療には専用の機器が必要になります。MM歯科クリニックでは、治療に対応した設備をととのえておりますので、興味のある方 は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 治療できる医院が限られています。

    歯並びによってはインビザラインGoの治療に向かない場合もあります。インビザラインGoでの治療は、前歯の軽度な歯並び の不正が対象となります。そのため、お口全体の噛 み合わせや、歯並びの不正がひどい場合は、適した 治療法ではありません。

治療費

処理項目 費用
検査費用、歯型スキャン ¥20,000円(税込)
インビザラインGO治療費 両顎 ¥450,000円(税込)
インビザラインGO治療費 片顎 ¥300,000円(税込)
リテーナー(保定装置) ¥10,000円(税込)
追加アライナー ¥10,000円(税込)

インビザライン GO治療の流れ

矯正相談
まずは、歯や歯並びなどお口の状態を確認し、治療の可否や、メリット・デメリットなどを詳しく説明させていただきます。
その際に、虫歯や歯周病などがある場合は、先に治療する必要があります。

歯型のスキャンと検査
iTero(アイテロ)という専用の機器でお口の中をスキャンさせていただき、お口の中の状態を詳細に確認していきます。また、必要に応じてレントゲン撮影や口腔内写真などを撮っていきます。

シミュレーション結果の説明
スキャンで得られたデータを基に、専用のシュミレーションソフトで、理想的な位置に動かした歯の状態を確認します。その後、あらためて治療の説明をさせていただき、説明にご納得されれば、マウスピースを発注し、治療開始になります。マウスピースの発注から、治療開始まで2〜3週間ほどとなります。

治療開始
マウスピースが到着次第、治療を開始します。
マウスピースはルール通りしっかりと装着することが大切です。

リテーナー装着
治療後は、後戻りを防ぐために、リテーナー(保定装置)を装着していきます。
期間に個人差はありますが、少なくても1〜2年はつけておきましょう。


mapを見る

電話をかける